【教採面接対策無料プリント】教育時事4:Society5.0

面接プリント
スポンサーリンク

最新教育時事4:
Society5.0に向けて学校で行うべき人材育成のあり方を述べてください。

IoT (Internet of Things)は『コナン君のメガネ』のようなイメージです。傘立てをインターネットに接続して、家を出る前に「雨が降る確率が70%なので傘をお持ちください」と話すような物が増えていくことが想定されています。

すぐわかる最新教育時事ワード「Society5.0」

「Society」は社会の仕組みのこと。1.0が狩猟社会、2.0が農耕社会、3.0が工業社会、4.0が情報社会と発展してきた。Society5.0は超スマート社会になると言われている。

・Society5.0はIoT(物とインターネットの接続)により、すベての物や情報、人をつなぎ、AIなどの活用によって量と質の最適化を図る社会


(引用:内閣府HP)

例文

私はこれからの人材育成について重要になるのは「論理的な思考力」だと考えます。Society5.0により多くの仕事が失われていき、残るのは創造力を働かせる仕事などだと言われています。そうなった時に求められるのが思考力です。ICT機器の積極的な活用、論理的な思考力を育むための授業展開などを意識して、子どもたちへの教育活動や教員の研修活動を実施していくことが大切だと思います。

■現在ある仕事の65%は将来なくなる
児童生徒が社会に出る頃、現在ある仕事の65%は将来なくなるという発表をした方(米デューク大学:キャシー・デビッドソン氏)がいます。この数値が上回るか、下回るかは分かりませんが、確実にその方向性に社会は向かっています。

プリントのダウンロードはこちらから

画像をクリックするか、こちらからダウンロードして活用してください。

【2020年完全版】合格直結!教員採用試験面接対策無料プリント100
「教採面接って何を聞かれるの?」をすべて無料で学べるプリント集です。自己紹介、最新教育時事、自治体別対策、教師像、教育論、授業、生徒指導、特別支援教育、保護者対応など、面接で聞かれることを網羅しているので、これで教採対策はパーフェクトです。
タイトルとURLをコピーしました