【教採面接対策無料プリント】自己紹介15:最近、面白かった本

先生
先生
イレギュラーな質問ですが頻出です。読む本にはその人の好みや人間性が現れると言われています。ぜひ教育関係のベストセラーなどは読んでおきたいですね。

3冊のオススメ本

頻出問題のため、教採コンシェルジュでもよく扱う質問です。ところが、みなさんはあまり読んでおられないようです。ぜひ教採勉強の合間に読んでみてください。

EdTechが変える教育の未来(インプレス、佐藤昌宏氏)
学力の経済学(ディスカヴァー・トゥエンティワン、中室牧子氏)
こども六法(弘文堂、山崎聡一郎氏)

教育書関係ですと上記のようなものがオススメです。

例文

 私が最近読んで面白かった本は「EdTechが変える教育の未来」です。教育に科学技術を取り入れることで子どもたちの未来が変わるという内容でした。まだ学校はその姿に追いついていないと感じますが、近未来にはそうなるだろうと想像がつくものでした。教育の中で『情報活用能力』の必要性が言われていますが、正しい方向性でそういった能力を身に付けさせテクノロジーを使いこなせる子どもたちを育成していきたいと考えました。

先生
先生
「情報活用能力」は教育時事で必須の内容です。書籍の内容と教育時事のテーマを合わせて話すと、自分なりの回答を作っていくことができます。

■忙しい人ほど本を読む
社会人になるほど、この傾向は強いようです。特に収入の高い分野の方たちは、自己投資として本を読むと言われています。皆さんは子どもたちに「本を読みなさい」と言うだけの教員、自分も一緒に読む教員、どちらを目指していますか?

プリントのダウンロードは「教採コンシェルジュSchool」から

教採への不安を学校現場でも使える対応力や授業力に変換する教採コンシェルジュSchool

Schoolを見る

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。