【教採面接対策無料プリント】自己紹介6:趣味や特技を教えて下さい

先生
先生
面接官は趣味や特技を聞く中で、その人の熱意や教員という仕事への適性を探りたいと考えています。
ウソをつかず、かつ、教員の適性とつなげましょう

趣味や特技は『人』とつなげる

趣味や特技を教育とつなげるポイントは人です。
アニメのような一見内向的な趣味であっても、その関連イベントへの参加や、外国人ファンとの交流会のような人と関わりが持てる機会があります。
自分が本当に好きなことを、

教育という分野と接続するためには何をしたらよいのかを意図的に考え、行動すること

が大切です。

例文

私の趣味はアニメです。特に「鬼滅の刃」が好きです。アニメは内向的な趣味だと捉えられがちですが、そうではありません。関連イベントに参加すると、日本人だけではなく外国の方ともコミュニケーションを取り、それぞれの意見を交換することができます。その中から海外のアニメ事情について教えていただくことも少なくありません。私は子どもたちに好きな物事を通して、人との交流をする楽しさを伝えていきたいと考えています。

先生
先生
マイナスイメージをあらかじめ伝えた上で、それを否定し自分自身の考えや行動を説明しています。
こうした話し方がよく使われるのが「趣味・特技」です。

■多大な時間やお金を費やしてきた趣味や特技
趣味や特技はマニアックな世界です。
ほとんどの試験官はそれらの世界を知らないことが予想されます。
多大な時間やお金を費やしてきた趣味や特技となると、話は長くなりがちですが、何も知らない方にもわかりやすく短く話す工夫が必要となります。

プリントのダウンロードは「教採コンシェルジュSchool」から

教採Zoomとアーカイブ動画で面接&模擬授業の力を伸ばす!

Schoolを見る

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。