【教採面接対策無料プリント】自己紹介5:あなたの短所と対策方法

先生
先生
短所は長所という言葉があります。
性格や行動には二面性があるため、捉え方でどちらにでもなり得るのです。
面接対策をきっかけに考え方を変えてみるとよいかもしれませんね。

短所を長所として捉える

下記のように短所を長所として変換することが可能です。

マイペースなのは「計画性がある」
頑固なのは「粘り強い」
優柔不断なのは「コミュニケーション能力がある」

このように長所への読み替えを行うことができます。
対策方法として有効なのは、このように短所を長所として考えるというものです。
ぜひお試しください。

例文

私の短所は、優柔不断なことです。なかなか物事を決めることができません。しかし、それは長所でもあると考えるようになりました。「チーム学校」のように組織的な行動が求められる際に多くの方の意見を伺いながら、丁寧に物事を決めていくというのは求められる能力です。突発的な事象の場合は他の先生の力を借りつつ、判断を素早く行うように心がけ、私は私の特性を活かしてコミュニケーションを図りつつ職務を進めたいと考えています。

先生
先生
学校は組織です。
例文のように「チーム学校」「コミュニケーション」といった言葉を入れると、組織での動きを意識している受験生だという印象を伝える事ができます。

■面接でわざわざ短所を聞く理由
教育委員会側からすると3つの理由があります。
1つ目は「人間性」を知りたいからです。
2つ目は「自分自身を客観視」できているかです。
3つ目は「教員という仕事への適応力」です。
そういったことを見抜きやすいのが、短所を聞くという質問なのです。

プリントのダウンロードは「教採コンシェルジュSchool」から

教採への不安を学校現場でも使える対応力や授業力に変換する教採コンシェルジュSchool

Schoolを見る

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。